Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

英国貴族・ハリー杉山の学歴も家柄もすごすぎる!本名が長すぎる!

情報番組『ノンストップ!』に出演している ハリー杉山 さん。

長身でイケメンのハリー杉山さんですが、その生い立ちや経歴がとんでもなくすごいんです!

家柄もすさまじくて、イギリスのチャールズ皇太子とダイアナ妃の次男であるヘンリー王子とサッカーで対戦したこともあるんだとか。

ハリー杉山って何者!?

ハリー杉山のプロフィール

20141203-101

  • 本名:杉山ヘンリー・アドリアン・フォリオット・スコットストークス
  • 生年月日:1985年1月20日
  • 出身地:東京都
  • 身長:184cm
  • 血液型:A型
  • 兄弟:
  • 学歴:ウィンチェスター・カレッジ卒業

ハリー杉山さんは、イギリス人の父と日本人の母の間にうまれたハーフで、本名を “杉山ヘンリー・アドリアン・フォリオット・スコットストークス” といいます。

ちょ… 長すぎるよ、その名前…。

とにかく家柄も経歴もすごい。「なんで日本で芸能活動してるの?」ってぐらいすごいんです。

祖先は第五代イングランド王

ハリー杉山さんは、第五代イングランド王「エドワード一世」の末裔(まつえい)です。

なんかすごそう!ってのはわかるけどピンとこない。

エドワード一世は、中世イングランドの国王(在位1272年 – 1307年)です。

身近な話題でいうと、トランプのハートのキングのモデルになったという説や、メル・ギブソン主演の映画「ブレイブハート」で ”悪い国王” としても登場します。

映画では悪役として描かれていましたが、ハリー杉山さんの解説によると、

僕のひいおじいちゃん x 18です王様もう700年前のお話

”冷酷な王”と言うイメージが映画の影響であるかもしれませんが、イギリス人にとってはレジェンドに近い存在で、国、そして国民の心を一つにしたとも言われてます。

(引用:ハリー杉山公式ブログ

そんなエドワード一世の直系っていうのがすごい。

父親がすごい

父はニューヨーク・タイムズ東京支局長・アジア総支局長を務めていたジャーナリストのヘンリー・スコット・ストークス氏

1964年、東京オリンピックの取材のために、26歳で来日。以来、日本を世界に発信しつづけてきた人物です。

ストークスさんは、もともと経済記者出身だが、かつてスカルノ、金大中、金日成、シアヌークといった要人に直接インタビューした稀有な人。政治や国際問題に強いジャーナリストで、あらゆるジャンルをこなした。

(引用:清流出版

また外国人記者として、三島由紀夫氏ともっとも親交があり、自決の前に最後の手紙を送られたのがストークス氏だったそうです。

著書も多数出版されています。

三島由紀夫 生と死

三島由紀夫 生と死

ヘンリー スコット=ストークス
発売日: 1998/11/01
Amazonの情報を掲載しています
戦争犯罪国はアメリカだった! ─ 英国人ジャーナリストが明かす東京裁判70年の虚妄

戦争犯罪国はアメリカだった! ─ 英国人ジャーナリストが明かす東京裁判70年の虚妄

ヘンリー・S・ストークス
1,700円(10/17 09:12時点)
発売日: 2016/04/21
Amazonの情報を掲載しています

スポンサーリンク

母親はどんな人?

母のあきこさんは日本人で、18歳でパリの美大、杉山あきこさん。

18歳でパリの美大に留学していたあきこさんが、ストークス氏に出会ったのは19歳のとき。場所はローマだというんだから、なんだか映画のようなお話です。

彼女を知る人はこう語ります。

颯爽とした着こなしの良さと幅広の帽子がよく似合い、世界的なトップモデルでも現れたのかと思ったほどだ。それほど強烈な印象として僕の脳裏に刻まれている。

(引用:清流出版

ファッションが大好きで、おしゃれなお母さまだそうですが、賢い女性でもあるんだろうなぁ。

お金持ちで学歴もすごい

まずはここで世界の大学ランキングをご覧ください。

ストークス家の人々は代々、オックスフォード大学(1位)かケインブリッジ大学(2位)にかようのが当たり前だったそう。

ハリー杉山さんのお父さんもオックスフォード出身です。

そんなストークス家の200年の歴史の中で、はじめてオックスフォードに落ちたのがハリー杉山さんでした。

僕が受験に失敗したことで200年の流れが途絶えてしまった。大人になり、僕は一族の落ちこぼれだろうという話を父にしたら、こんな言葉を僕が30才になった時、かけてくれました。

“You failed upwards.” (君は上に向かって失敗したんだ)

「落ちこぼれなんてことはない、その失敗がなかったら今の君はいないだろう」と言ってくれた。

(引用:朝日新聞デジタル

素敵なお父さん。こういう名門のおうちで200年の流れってかなり重要なものだよね。

っていってもウィンチェスターも世界的に名門校だからね!”落ちこぼれ” って感覚がすごい。

ウィンチェスターは、学費の高さや格式から両家のご子息、つまり“お金持ちのおぼっちゃま”が通うという、英国最古のパブリック・スクール。

多くの学者や外交官などを輩出しており、ハリー杉山さんの同級生も投資銀行家やコンサルタント、政府の仕事をしている人が多いそうです。

男子校の寮生活。まさにハリーポッターのような。もっと明確に言えばAnother Country (1984,主演Rupert Everett, Colin Firth) 。朝起きたら教会行った後14世紀に建てられた建物のなかで勉強して午後は永遠と続きそうな緑の上でサッカーやクリケットでしたねー。食事前後はラテン語で”いただきます、ごちそうさま”(BENEDICTUS BENEDICAT/BENEDICTO BENEDICATARUM)とか言ってたなー 。

(引用:ハリー杉山公式ブログ

ライバル校であるイートン校に通っていたヘンリー王子とサッカーやクリケットで対戦したこともあるそうです。スケールが違う。

6カ国語を話す

ハリー杉山さんは6ヶ国語を話せるマルチリンガルです。

  • 日本語
  • 英語
  • 中国語
  • フランス語
  • 韓国語
  • ラテン語

両親の母国語である日本語英語はもちろん、11歳でイギリスに渡ってからはフランス語ラテン語を習得。

卒業後は日本に戻り、2年を過ごしたのちに再びイギリスのロンドン大学へ。その後、中国の北京師範大学に1年通い中国語を習得しました。

2015年、Eテレの「テレビでハングル講座」で生徒役に抜擢されたことから韓国語を学びはじめましたが、そこでしっかり自分のものにするところがハリー杉山さんですね。

スポンサーリンク

投資銀行で働いていた

ウィンチェスターを卒業し、18歳で日本に戻ったハリー杉山さんはモデル活動をはじめます。

もともと父の出身であるイギリスのBBCでレポーターをやりたくて勉強していて、途中で今度は母の出身である日本の芸能界に興味を持ったんです。それで、日本でモデルの仕事を始めました。

(引用:ALINEWARE ZONE

それと並行して、投資銀行(インターン)ではたらき、週末は洋服屋さんでアルバイトという生活をおくっていました。

これほどの経歴のハリー杉山さんが、日本の芸能界とは不思議なんですが、やはりそこには「何かを伝える」という父親譲りの魂があるのでしょうね。

実は自分学生時代ずっとBBCのリポーターになりたかったんだよね。
それが気がついたらこんな世界に。
でもそこまで離れてないと思う
二人とも文であろうとテレビであろうと何かを伝えたいから。
親父にはまだ勝てないな。

(引用:ハリー杉山公式ブログ

コメント