ミキ亜生(あせい)と昴生(こうせい)の仲良し兄弟エピソードがかわいすぎる!

スポンサーリンク

お笑い芸人 ミキ

兄・昴生 (こうせい) さんと弟・亜生 (あせい)さんからなる兄弟コンビです。

ビジュアルも性格もまったく違う2人ですが、まるで幼い男の子兄弟を見ているようなほのぼのとした感覚になります。

そんな2人の仲良しエピソードでほっこりしてください。

スポンサーリンク

ミキのプロフィール

昴生(こうせい)のプロフィール

  • 本名:三木 昴生 (みき こうせい)
  • 生年月日:1986年4月13日 (34歳)
  • 出身地:京都府京都市
  • 身長:164cm
  • 血液型:O型
  • 兄弟:弟 (亜生)
  • 学歴:京都市立近衛中学校、京都府立北稜高等学校、花園大学卒業

ミキ亜生(あせい)のプロフィール

  • 本名:三木 亜生 (みき あせい)
  • 生年月日:1988年7月22日 (32歳)
  • 出身地:京都府京都市
  • 身長:173cm
  • 血液型:A型
  • 兄弟:兄 (昴生)
  • 学歴:京都市立近衛中学校、京都府立北稜高等学校、東海大学海洋学部卒業

母親は上岡龍太郎の妹

フェリーの船長だった寡黙な父親と、コテコテの大阪の”オカン”という母親。そんな両親の間で生まれ育った昴生さんと亜生さん。

母はあの上岡龍太郎さんの妹で、ミキの2人にとっては伯父にあたります。

上岡龍太郎さんが引退してもう20年経つんだね。

超大物芸人だけど、もしかして若い人は知らない?

上岡龍太郎さんは西の”お笑い界”の代表格で、お笑いの世界に、知性と知識からなる笑いを取り入れた ”インテリジェンス先駆者” のような存在。

インテリ芸人としても知られるメイプル超合金のカズレーザーさんが

「僕の中でずっと神様なのは、“上岡龍太郎さん”。ものを知っていることを面白くした芸人」

と崇拝しており、現在のカズレーザーさんの芸風に通づるものがありますね。

上岡龍太郎さんの実母は、上岡龍太郎さんが10歳のときに亡くなっています。ミキの母親は、後妻と父親の子であり、異母兄妹になります。

父親、つまりミキの祖父の法事では、長男である上岡龍太郎さんのスピーチがあまりにも面白く、母はこっそり録音していたんだとか。

第一線から退いたところで、上岡龍太郎の話術は無敵だな。

気持ち悪いぐらい仲良し兄弟

さて、ミキの2人に話を戻します。

昴生さんと亜生さんの年の差は2歳。ともすればライバル関係にもなりそうですが、テレビの前だけじゃなく本当に仲良しなんだそう。

同じく兄弟漫才の中川家の二人も「仲良すぎんねん。気持ち悪い!」と言うぐらいで。

とは言っても、中川家も仲良しだよね。

亜生さんは小さい頃から、やることなすこと常に兄の後をおってきました。

  • 昴生がサッカー部に入ったから亜生もサッカー
  • 昴生がメガネをかけたから亜生もメガネ
  • 昴生が髪型をアシンメトリーにしたから亜生もアシンメトリー

いくらなんでも追いすぎw

まぁでも ”俺の兄ちゃん最強” ってのは弟あるあるよね。かわいい。

男兄弟って大抵、兄が威張りすぎ or 弟が生意気すぎでケンカに発展しちゃうものだけど、亜生さんに関しては「お兄ちゃんに反抗したことがない」ってのがすごい。

勝てる気がしないんだって。

亜生と昴生が号泣した理由

亜生さんが兄を想うだけじゃなくて、昴生さんの弟愛を感じるエピソードも素敵です。

ある番組の収録中にVTRを観て泣いてしまった亜生さん。ワイプにはここぞとばかりに、涙を流す亜生さんが映し出されました。

それに気づいた昴生さんは「亜生がかわいそうだ」と号泣しました。

相思相愛なのが素敵な兄弟ですね。

大きくなっても「お兄ちゃん!お兄ちゃん!」って呼ぶのがかわいいわよね。

昴生は亜生が心配でたまらない

昴生さんは亜生さんの行動が心配でたまらないようで。

亜生つい最近まで僕、『家帰ったら連絡せい!』って言われてましたから。

昴生で、連絡なかったら怒ってこっちから連絡してました(笑)。「どこおんねん!」って。風呂も入らんと連絡待ってんのに」

( 引用元:お笑いナタリー )

まるでお母さんw

昴生さんのお兄ちゃんぶりもかわいいし、それを受け入れている亜生さんもいいなぁ。

心霊モニタリングで弟をかばう兄

ニンゲン観察バラエティ『モニタリング』でも、追い詰められた状況の中で度々その兄弟愛をのぞかせるふたり。

特に心霊ドッキリでは、弟・亜生さんをかばう昴生さんの姿にグッときます。

人気若手芸人「ミキ」兄弟の仲の良さ

スポンサーリンク

親は弟・亜生ばかりを甘やかし…

亜生さんが親に甘やかされて育った、というのは2人がよく口にする話。

兄弟あるあるなのかもしれませんが、”上の子” は卑屈になってしまいますよね。

その上「弟はずっと人気者で、比較されてきた」という昴生さん。今も多くの女性人気を得ているのは亜生さんだし。

男兄弟の母としては、昴生さんの胸の内が気になっちゃう…。

しかし昴生さんはインタビューで

自分は弟と比べられて笑われてばかりだったというが、「もう諦めてます。亜生はかわいいし」と弟への思いを語った。

( 引用元:フジテレビュー )

あぁお兄ちゃん、素敵すぎる。

我が家も男の子2人なので、こんな風にずっと仲良しでいてくれたなぁなんて親の目線になっちゃいますね。

これからも応援してます!

コメント