土屋アンナが勝訴!甲斐智陽の舞台中止による訴訟内容は?名誉毀損の歌詞がひどい!

舞台中止による損害賠償などで、主演であった 土屋アンナ(つちや あんな) さんに対し、訴訟を起こしていた演出家の甲斐智陽(かい ともあき)氏。

1月25日、東京地裁で開かれた裁判により、甲斐氏の全面敗訴が確定しました。

その上、甲斐氏が作詞作曲した『ANNA(アンナ)』の歌詞が、名誉毀損に当たると33万円の支払いを命じられたのです。惨敗です。

このトラブルについてはざっくりとしか認識してませんでしたが、ちょっと詳細を調べてみました。

舞台『誓い~奇跡のシンガー~』の公演中止

争点となっている舞台は『誓い~奇跡のシンガー~』

身体障害にあわせて言語障害をもつ女性シンガー・濱田朝美(はまだ あさみ)さんの自伝『日本一ヘタな歌手』が原案となった舞台です。

2013年8月の上演を予定していたこの舞台が、直前の7月末になって公演中止となったことが公式ホームページにより発表されたのです。

anna

主役の土屋アンナ氏が公的にも私的にも何らの正当な理由なく無断で舞台稽古に参加せず(参加予定の稽古(本番直前の通し稽古を除く)8回中最初の2回のみ参加し、その後すべて不参加)、専らそのことが原因で同公演を開催することができなくなりました

えっ!土屋アンナ、ドタキャンなのー? と、一斉に非難を受けた土屋さんでした。さらに、

土屋アンナ氏に社会人としての責任をお取りいただくべく、損害賠償訴訟を含む断固たる措置を講じる所存です

法的措置をとると、公式ホームページで発表するという物々しさ・・・

土屋アンナ事務所の反論

これを受けて、土屋さんの事務所も『事実無根の内容に困惑している』とし、即座にコメントを発表します。

本件舞台稽古期間中に、原作者の方から『本件舞台の台本を見ていないうえ、承諾もしていない』という連絡があり、製作サイドに対し、原案の作者の方の固有の権利に万全の配慮を尽くすよう対応をお願いしておりましたが、本日突然、製作サイドの代理人より、一方的に公演中止の決定と損害賠償請求の書面が届き、ホームページにもアップされたという次第です

舞台は、原作者である濱田朝美さんの許可を得ていなかった。その事実を知った土屋さんは「承諾されていない舞台はやれない」と異を唱えていたが対応されず、突然の舞台中止となったと。

どっちが正しいの? と困惑する中で、渦中にあった原作者である濱田さんが声をあげたのです。

濱田朝美がブログで発言

濱田さんは自身のブログ『日本一ヘタな歌手☆濱田朝美ブログ☆』の中で、「土屋アンナさんは、全くの無実です!」と、土屋さん側の主張を裏付けるように言葉を綴りました。

「土屋アンナさんが、自分勝手に舞台練習を休み、そのせいで八月の公演が出来なくなったという内容が、舞台の公式ページに発表されました。その発表は、全くの事実無根です」

「主演の土屋アンナさんにお会いする事が出来ました。土屋さんはとても親しくしてくださり、”舞台の台本を見ましたか?貴女は本当にこの内容で許可を出したの?”と聞いてくださいました。私はそこで今までの経緯をお話しし、舞台に関して困惑している事を打ち明けたところ、土屋さんも共感して下さり、協力して下さる事になりました。
そして、何も出来ない私の代わりに、監督に”濱田さんが納得出来るものにしてください。”と掛け合ってくださったのです。また”原作者が納得し、許可した舞台でないのなら、出演出来ません”と伝えたそうです。しかし監督はそれを全く聞き入れる事はないそうです」

「私はとても怒りが鎮まらず、皆さんに真実を訴えたくなりました。土屋アンナさんは、全くの無実です。」

引用:日本一ヘタな歌手☆濱田朝美ブログ☆

この証言により、疑惑の目は一気にこの舞台の監督・演出を行っていた甲斐氏に注がれることになりました。

甲斐智陽「クズすぎて言葉がみつからない」

土屋さんを訴えた、演出家の甲斐氏。ワイドショーなどで映像を見た人も多いと思いますが、改めて・・・どんっ!

kai
本名:高橋 茂(たかはし しげる)
生年月日:1951年8月28日
出身地:神奈川県相模原市

Wikipediaを見る限り、幾つかの舞台を手がけてきたようですが、これといった代表作はありません。

このトラブルをめぐって、自身のFacebookで反論していた甲斐氏ですが、その文章力が極めて稚拙であると、脚本家としての能力も疑われる始末。

その内容は、めっちゃ長いので文章を起こすのやめました。読んだ人の感想。

・クズすぎて言葉がみつからない
・後半あたりの嫌味ったらしい文章だけで、悪いのはこの人なんだと判りました。
・亡くなってる母親持ち出してまで嫌味言うなんてマジで下衆野郎だな
・障害者を見下して、死んだ親御さんのこと持ち出して、本当か知らないけど借金のことまで公開して、まさにクズだね。
引用:ガールズちゃんねる

読みたい方はガールズちゃんねるの記事で読んでみてください。うげってなります。

名誉毀損!ANNAの歌詞とは

甲斐氏の暴挙はそれだけにとどまりません。

2014年8月、音楽仲間とレコーディングした楽曲『ANNA』の音源をYoutubeで公開しました。「実在の人物とは無関係です」という一文を添えて。

これが今回、名誉毀損にあたると損害賠償が確定したものですが、その歌詞がひどいです・・・

『ANNA』 作詞・作曲 甲斐智陽

アンナおまえのいかれた笑い声が あたまのなかでノイズのように響く
常識のかけらもない最悪女

アンナおまえは 厚化粧のその顔の しわを隠してスター気取ってるけど
みんなもうバレてるぜ おまえの腹黒ささえ

若かった頃は カリスマなんて おだたられそのきになって
男あさりのEverydaynight
アンナおまえのような 根拠のない嘘っぱちで どんなに俺らが傷ついたかわかるかい

若かったころは アーティストなんて かっこつけて その気になって
ドラッグ漬けの day after day
アンナおまえのぶざまな歌と演技じゃ 仕事がなくても自業自得ってやつさ

才能のかけらもない 最悪女 最悪女 最悪女

最低としか言いようがないわ。甲斐氏の反論も腹立たしかったな。

「アンナさんはキレイだから違うんじゃないかな。誹謗(ひぼう)中傷でなく、シャレで面白いなと。表現の自由と思ってたけど、『私だ』と思って聞けば腹は立つかもしれない」

しらじらしいわ!!

甲斐バンドとは関係ない

最後に誤解なきよう記載しておきましょう。

「甲斐」「歌」「あんな」というワードから、私ぐらいの世代の人は「甲斐よしひろ、めっちゃひどいやん!!」って誤解してしまった人もいると思います。

「♪あんな お前の愛の灯はまだ燃えているかい」 のアンナは『安奈』です。甲斐バンドの甲斐よしひろさんです。

『ANNA』は、演出家の甲斐智陽氏。絶対、ふたつとも狙ってるよね!甲斐さんもとんだ迷惑だわ。よしひろさんのほうね。

控訴するとか言ってるし、まだ続くのかと思うと本当、土屋さんが不憫です・・・こういう理解できない人種とは早く関わりが断てるといいんですけどね・・・

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

お笑い芸人・クマムシのコンビ仲は「あったかいんだから〜」?

観月ありさの結婚相手・青山光司って誰?馴れ初めや上原さくらとの離婚は?

久松郁実はアイドル好きな現役大学生。JOY似男性とのツーショット画像!

エアギター世界一の名倉七海は元アイドル『かわいすぎるエアギタリスト』

吉田羊は結婚してる?年齢や本名が気になる!久留米の高校時代は応援団長!?

かつみ・さゆり株投資や事業失敗で壮絶借金人生!悲惨なのに面白い!