『幼虫グミ』がリアル過ぎると話題!どこで買える?お味やいかに?

      2014/11/05    ニュース

なんと本物そっくりに作り上げた『幼虫グミ』なるものが話題となっています!かなりリアルなので、虫が苦手な方は閲覧注意ですよ!!

スポンサードリンク

幼虫グミってどんなの?

ではさっそく行きますよ。この画像、本物の幼虫ではなくグミなのです。食べられますΣ( ̄ロ ̄lll)

20140922-001

虫は苦手じゃなくても、コレを食べるのはさすがに勇気がいるな・・・。

リアルさを追求し“透け感”にこだわったんだとか。なるほど内臓が透けて見えています。リアルだ〜

白いボディはカルピス味、うっすら透けて見える内臓はブルーベリージャムだそうです。アナタは食べられますか!?

幼虫グミの誕生秘話

この『幼虫グミ』は、青森県八戸市にある『カフェ・ワンズワン』のオリジナル商品です。『赤いテントのコーヒー店』として、朝市などに出店していてそこで話題になりました。

20140922-002

その名のとおり、赤いテントが目印のコーヒー店。マスターが丁寧に淹れるドリップコーヒーが目玉なんですが、それがなんで幼虫グミ??

7年ほど前になりますが、マスターの大下進さんの小学生の甥っ子たちが “昆虫を題材としたアニメ” に夢中になっていました。昆虫を題材としたアニメって『ムシキング』かな?

それを見たマスターが甥っ子たちのために、昆虫型のチョコを作ったのが始まりだそうです。

それから歯科技工士さんに相談しながら改良を加え、現在の幼虫グミが出来上がったということです。シリコンゴムの型を手作りしたりと、甥っ子たちを喜ばせるためにしてはかなり手が込んでいます!

マスターはルアー作りが趣味だそうで、手先が器用な方なんですね。

スポンサードリンク

食レポ・幼虫グミ

見た目はかなりグロテスクですが、気になるそのお味は・・・?

味はかなり美味しいようです。カルピスとブルーベリーすごく合いそうです。

どこで売ってるの?

「赤いテントのコーヒー店」は下記の朝市に出店中です。
日曜日:館鼻岸壁朝市
金曜日:常現寺金曜朝市
土曜日:江陽朝市

ネット注文もできるのですが、現在は注文過多で一時販売を見合わせているそうです。詳しくはホームページで確認してください。→『赤いテントのコーヒー店

発売当初から、今でも1つ1つを手作りしているそうで、かなり大変なんだとか。それでもマスターの大下さんは

すぐ飽きられるかと思ったんだけどねぇ。みんなが喜んでくれるから、やめるわけにいかなくなっちゃった(笑)

と1人で幼虫グミ作りをされているんだそうです。

その他にもこんな幼虫グミがあります。

▼「おんちゃま君」5匹セット。カルピス味で顔はチョコ。
20140922-003

▼「さなぎ君」オレンジ味。
20140922-004

▼「アゲハみどり君」メロンソーダ味。
20140922-005

▼「アサギマダラ」
20140922-008

▼「ようちゅうブラック」コーラ味。三沢空港にて限定販売!
20140922-007

▼海シリーズ「ナマコ」
20140922-006

思いのほかラインナップそろってますね(笑) 価格は300円〜350円。なんと税込み!

ものすご〜く気持ち悪いですが、ものすご〜〜く気になりますね! それにしても面白いことを考える人がいるもんだ。

スポンサードリンク

 - ニュース