熊本地震、子どもだけは守る!母の想いに涙。余震が怖い眠れないと悲痛の声

       ニュース

14日の夜に発生した熊本県の益城町(ましきまち)を襲った震度7の地震。3日目を迎えた今もなお、断続的に強い揺れが続いています。

その震源地は、最初の益城町から範囲を広げ、熊本県内各所や大分県など九州各地で地震が発生しています。

16日の深夜1時25分ごろに発生したマグニチュード7.3の地震は、遠く離れた山形県でも震度1の揺れが観測されるほどで、南海トラフへの影響を心配する声も上がっています。

数分おきにおこる強い揺れに眠れない夜を過ごしている、熊本をはじめとした九州地方の人たちの「怖くて眠れない」という悲痛なツイートが胸に刺さります。

またその恐怖の中で子どもをもつ親たちの「子どもだけは守る」という必死の思いに胸を揺さぶられました。

スポンサードリンク

怖くて眠れない

スポンサードリンク

子どもだけは守る

そんな恐怖の中で「子どもは絶対に守る」という親の強い想いに胸がいっぱいになります。

守りたい思いが強ければ強いほど、それをやりきれるのかと不安になる気持ち。分かりすぎて痛いです。

守ってくれるということを、子どももちゃんと理解してくれています。


日本は地震の多い国ですが、こんなにも強い揺れが何度も何度も襲ってくるような地震ははじめてのこと。

震度2や3でも体がきゅっと縮み上がるような緊張を覚えます。震度5以上の揺れが断続的に繰り返されるその恐怖は、心と体の緊張がずっと続いている状態だろうと思います。

被災地の方々の心や身体が本当に心配です。テレビを通して、見ていることしかできないはがゆさ。はやく地震がおさまって欲しいです。

関連記事=>地震雲が出ていた!? 熊本県で発生した最大震度7の大地震の数日前から当日まで

スポンサードリンク

 - ニュース