永作博美がかわいい!年齢は?結婚した夫との馴れ初めや子供について

      2016/05/18    エンタメ, 女性俳優

いやもう、これは驚異ですよ、驚異の44歳!よ、44歳!?

こんなかわいい44歳がいるんでしょうか、永作博美(ながさく ひろみ)さん。見るたびにうっとりです。

年齢もすごいですが、結婚して2児の母とは!これまた驚きです。

スポンサードリンク

永作博美のプロフィール

20150226-001
本名:内藤 博美(ないとう ひろみ)
生年月日:1970年10月14日(44歳)
出身地:茨城県行方郡麻生町(現・行方市)
身長:156㎝
血液型:B型
兄弟:姉、妹
学歴:茨城県立麻生高等学校、東京調理師専門学校卒業

茨城県行方市でいちご農家を営む両親の元、3人姉妹の次女として生まれた永作さん。

美人姉妹なんでしょうか!気になりますね。

子供のころは旬になると食卓に山盛りのいちごがいつもあったそうですが、姉妹は誰も手を出さなかったとか…もったいない。

永作家のいちご

永作家のいちご

東日本大震災以降は、風評被害でご実家のいちご農家の経営も苦境に立たされているそうです。いちご狩りとかしているのかなぁと調べてみましたが、どこの農園なのかは分かりませんでした。

旧・麻生町でかなり広く経営されていて、天王崎公園の近くだそうですよ。

地元のお菓子屋『菓子処 坂本』では、永作家のいちごを使った商品も販売されているとか。ファンは必見ですね!

芸能界に入ったきっかけ

1988年、高校3年生のときに父親が『オールナイトフジ』の美少女コンテストに応募したのがきっかけでした。このときはベストパフォーマー賞を受賞。

その翌年に、バラエティ番組『パラダイスGoGo!!』のオーディション企画に合格、タレント育成グループの『乙女塾』の1期生に選ばれ、アイドルグループ『ribbon(リボン)』を結成しました。

当時は『CoCo(ココ)』と『ribbon』がごっちゃになってましたが、CoCoは三浦理恵子(みうら りえこ)さんが所属していたほうですね。

20150226-004

瀬能あづさ(せのう あづさ)さんとか、懐かし!

ribbon時代の永作さんは、かわいいけどアイドルにしてはぽっちゃりしていて、私的には妙な親近感を感じていましたが(笑) 今思えば、丸顔だっただけかな。

20150226-002

センターではないと記憶していましたが、改めて調べてみるとセンターの画像もたくさん。途中でセンターになっていたみたいです。人気の差があったんでしょうか。

メンバーとの仲は現在?

他のメンバーは画像左から、松野有里巳(まつの ありみ)さん、佐藤愛子(さとう あいこ)さん。彼女たちとは今でもLINEで連絡を取り合ったりする仲で、半年に1回ぐらいは集まっているんだとか!

続いてるんだ〜!ビックリ。

永作さんはアイドルから女優に転身して大躍進した一方で、松野さんや佐藤さんはソロ活動が上手くいかず引退。佐藤さんは主婦、松野さんも結婚してスポーツジムのインストラクターに。昨年芸能界復帰を宣言しましたがあまり見かけないですよね。

そうなると、妬みなどから関係も上手くいかなくなるものかなと思っていましたが、未だに仲が良いとは。これは嬉しい情報ですね!

みんなで集まったときには、ゆっくりお酒を飲んだり、時にはカラオケでribbonメドレーを歌ったりもするそうです(笑)

スポンサードリンク

映像作家の男性と結婚

2009年4月、映像作家の男性と結婚しました。
(男性の名前と画像を伏せました。2016.5.18)

結婚報告のためマスコミ各社に送られたFAXには、男性との出会いについても触れられていました。

いつまで経っても足りないところだらけと自身との奮闘を繰り返しているうちに気がつけば、38年が過ぎていました。
そんな折、仕事を通じて知り合い、その後お互いを支え合うものを感じ、ここに至りました。

素直に向き合ってゆけたらと考えています。

2006年ごろに流れていた月桂冠のCMを覚えているでしょうか。

夫婦を描いたこのCMは、とにかく映像が綺麗で永作さんのちょっとミステリアスな魅力を存分に引き出していました。

これを手がけたのがのちに夫となる男性だったのですね。

不倫略奪婚と騒がれ

業界では有名なCMクリエーター。

大手広告代理店・博報堂のディレクターから独立して起業。CM制作や作詞、映画監督、作家、イラストレーターなど様々な分野で活躍しています。

あの永作さんを伴侶にするとは、よほど魅力的な男性なんでしょうか。

永作さんは結婚当時は38歳。この男性と出会うまでは「結婚すらあやうい状況だった」と振り返っています。いやいや、そんなことないでしょ。

実は、2人が出会ったころ男性には妻がいて、いわゆる不倫関係からはじまった恋でした。交際中と思われる時期のインタビューではそんな彼女の想いが感じられるようです。

「人は突然人を好きになって、その“好き”はどうにもこうにも動かしようがないんだなって。だから、“好き”と言う気持ちに素直になることは、すごく大事だと思ったんです」

そして男性は離婚(すでに離婚歴があり2回目)。永作さんの結婚は「不倫略奪婚」とも言われました。

結婚報告時のFAXにある「素直に向き合ってゆけたら」という言葉は、そういった逆境の中でも自分の気持ちに従いたいという決意の現れなんでしょうか。

2回の流産を経て出産

結婚の翌年、2010年5月に第一子となる男の子を出産し、その3年後2013年6月に第二子となる女の子を出産しました。

二児のお母さんなんですね!44歳という年齢も信じられませんが、このかわいさでお母さんとはもうすごすぎです!

初産で39歳、経産婦とはいえ42歳での出産というのは、高齢出産ですよね。

もともと子供ができにくい体質だったようで、長男を授かるまでに2度の流産を経験しているそうです。

20150226-006

「子どもを持たない人生を受け入れていました」と言いつつも子供への想いを諦めなかった永作さん。

都心から離れた「流産を繰り返す女性の駆け込み寺」として有名な婦人科クリニックを受診したり、広島県尾道にある子宝に恵まれるとされる神社を夫婦で訪れたりしていました。

流産経験があると、妊娠しても手放しでは喜べなかったと思います。年齢のこともあるし、不安も多かったと言います。

働く母として

それを乗り越えて無事に出産、そして2人の子供を育てながら仕事をする想いは、普通のお母さんと同じですね。

「子どもが急に熱を出したりしても、私は仕事に行かなければいけない。苦しんでいる子どもを置いて現場に行く私という、その罪悪感と闘うことで、精神的に強くなってきた部分はありますね」

料理の専門学校に通い、調理師免許を取得するほど料理が好きだと言う永作さんは、家族が楽しく食べられる食事作りを心掛けているそうです。「栄養のあるもの」も大事だけれど「おいしいね」と笑顔になれる食事。

永作さんの美しさはそんな風に、内面からの輝きも影響しているんでしょうね。あやかりたい!

スポンサードリンク

 - エンタメ, 女性俳優