菅田将暉の本名は?学歴すごいし父は会社社長でお金持ち?高校は中退?

      2016/04/14    男性俳優, エンタメ

男性の若手俳優が多い現在の芸能界で、“実力派”と言われるひとり菅田将暉(すだ まさき)さんです。

いつも癖のある役どころばかりで、あまり普通のってて見たことない気が…

いつも奇抜すぎてイケメンなのかどうなのかわからなくなってますが、映画『海月姫』では女装癖のある蔵之介という青年を演じ、その美しさには驚かされました!

スポンサードリンク

菅田将暉のプロフィール

20150319-001
本名:菅生 大将(すごう たいしょう)
生年月日:1993年2月21日(22歳)
出身地:大阪府豊中市
身長:176cm
血液型:A型
兄弟:弟2人
学歴:箕面市立第一中学校、大阪府立池田高校卒業

大阪出身の菅田将暉さん。本名は『菅生大将(すごう たいしょう)』さんと言います。

芸名も難しいですが、本名もちょっと変わってるんですね。

男3人兄弟の長男でとして生まれました。

20150319-003

あら〜、ほっぺがぷにぷにしててかわいい♪

現在22歳の菅田さんですが、弟さんは18歳と15歳だそうです。

20150319-002

あんまり似てないのかな?

ブログでも受験生の弟さんが作ってくれた料理を紹介していたり、仲良さそうですね。

なんとこの三兄弟、両親の意向により自宅出産で生まれているというのが驚きです!どんなご両親なんでしょうか!

父親は経営コンサルタントの菅生新

菅田さんの父は、経営コンサルタントの菅生新(すごう・あらた)さんです。

ベンチャー企業の起業から株式公開までサポートしたり、全国各地で講演会を行うなどその道では有名な方だそうです。

20150319-004

同志社大学法学部を卒業したあと、大手の藤沢薬品工業株式会社に就職。営業社員1200人の中で成績トップになるなど、やり手のサラリーマンだったようです。

そのときの経験を通じて、自己啓発・教育プログラムを販売する代理店として独立。その後、経営コンサルタントとして会社を設立しました。

なんと大学時代には、時代劇役者としてドラマなどにも出演していたそうです!

20150319-005

おー!男前!

菅田さんの役者魂は父親譲りなのかもしれませんね。

モテモテの高校時代

そんな父親の元に育った菅田さんですから、頭も良かったみたいです。

通っていた大阪府立池田高校偏差値64の進学校。

数学が大好きで、将来は数学の先生になりたいと、早稲田大学を目指していたそうです。頭いいですね。

20150319-006

中学生ぐらいの画像かな?と思うんですが、これはモテそうですね!頭も良くて顔もいいってすごいわ。

高校時代は廊下に他のクラスの女の子達がカメラを構えて並んでいたり、体育の授業を受けていると「キャー」という歓声が上がったりと相当モテモテだったようです。

本人はアメフト命の熱いスポーツマンだったので、そんな風に騒がれるのが嫌だったとか。

まぁ贅沢な。モテる人にしかわからない悩みですね。キャーキャー言われたら気分よくなりそうですが(笑)

それなのになんで芸能界に?って感じですね。

スポンサードリンク

デビューのきっかけ

菅田さんの人気は学校内だけにとどまらず、中学時代から大阪の街を歩いているとスカウトマンにも度々声をかけられていました。

20150319-007

16歳ごろ。今とは雰囲気が違ってかわいい感じですね。

本人は芸能界には興味がなかったので、そういった声には毎回断っていましたが、中学2年生のときに試しに受けてみた大手芸能プロダクションのオーディションで最終選考に残ったことが転機になりました。

「本当に自分は芸能界で通用するのか?」

それをはっきりさせるため、高校1年生のときに「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」に応募しました。

グランプリは獲れなかったものの、ファイナリスト12人に選ばれそれがきっかけで現在の事務所トップコートに所属することが決定しました。

仮面ライダーWの主役に

高校1年生の春休みにマネージャーとともにテレビ局や雑誌の編集部へ挨拶回りをしていた中で、たまたま訪れた東映本社で、翌日に控えた仮面ライダーのオーディションに誘われ、いきなり受けることに。

なんと約2000人の中から『仮面ライダーW』の主役に抜擢されたのです!

20150319-008

初出演で初主演!挨拶回りのときに光るものを感じたんでしょうねぇ。

本人も「いつの間にか仮面ライダーになっちゃった」というほどのスピードで、演技することも初めての経験でかなり戸惑ったと言います。

今でこそ、演技派な菅田さんですが、やはり最初はわかりませんよね。

それがきっかけとなり、高校2年生で池田高校を辞めて上京することになりました。打ち込んでいたアメフト部も辞めることが最も辛く「あんなに泣くことは人生でもうないと思う」というぐらい涙が止まらなかったと言います。

それほどの想いを経ての芸能界入り。今のプロ根性はこういった経験が大きな力になっているのかもしれませんね。

女装がかわいい!

映画『海月姫』では、女装が趣味の美青年・蔵之介を演じました。

女性用の服を着なければいけないことから、2ヶ月で10Kg以上痩せるというストイックさ!その甲斐あって、どうですかこの仕上がり!

20150319-009

かわいすぎる!

髪の色も白にしたり赤にしたり、金髪にしたり、役のためにはどこまでも突き進む菅田さんのこれからの作品も気になりますね!

スポンサードリンク

 - 男性俳優, エンタメ