麻生久美子の高校制服姿がかわいい!借金や離婚で壮絶貧乏だった子供時代!

      2016/04/14    エンタメ, 女性俳優

ドラマ『怪奇恋愛作戦』で主人公の消崎夏美(けしざき なつみ)を演じる麻生久美子(あそう くみこ)さん。

透明感があって、本当に素敵な女優さんですよね。美人でいかにも育ちの良さそうな麻生さんですが、実はかなり貧乏な幼少期を過ごしていたと言うのです。

その壮絶さにかなり驚いてしまいました・・・

スポンサードリンク

麻生久美子のプロフィール

20150109-101
本名:伊賀 久美子(いが くみこ)旧姓:平丸(ひらまる)
生年月日:1978年6月17日(36歳)
出身地:千葉県山武郡山武町
身長:162cm
兄弟:弟
血液型:B型
学歴:山武市立山武中学校、千葉県立佐倉南高等学校卒業

麻生さんが生まれ育ったのは千葉県山武市(さんむし)の山あいの町。意外にも田舎育ちだったんですね。以前『情熱大陸』に出演した際、地元を訪れていましたが、その映像からもかなりのどかなところで育ったことが分かります。

20150109-102

幼稚園の頃からアイドル歌手になることが夢で、高校生のときに現在の事務所に入りました。17歳のときに事務所の勧めで受けたヤングジャンプの『全国女子高生制服コレクション』でグランプリを獲得。その年に、映画デビューしました。

グランプリを獲得したときの画像がこちらです。

20150109-103

おぉ〜初々しい!今と変わらず、透明感ありますね。

「自分が世界で一番かわいいと思ってた、自意識過剰で嫌な子だった」と過去を振り返っています。すっごく意外ですね。当時は「かわい子ぶりっこ」と知らない子に言われたり、イジメにもあっていたと言います。

過去の自分の嫌な部分を隠さずに話す、麻生さんの性格の良さみたいなものを感じました。未熟な頃は誰しも色々あるものです。

カンゾー先生で注目を集める

高校を卒業して間もなく出演した映画『カンゾー先生』では、日本アカデミー賞最優秀助演女優賞、新人俳優賞など数々の映画賞を受賞して、女優として大きく飛躍しました。

この映画では、敗戦直前の貧しい時代に、兄弟を食べさせるために自分の体を売り、戦地に赴く兵士たちを癒やすというきわどい役どころを演じました。10代の麻生さんにとって、かなり勇気のいる仕事だったと思います。

驚くことに、当時は肌を露出するような仕事が多かったそうです。今のような女優さんになるまで、とても苦労してきました。

しかし麻生さんの苦労人生はここで始まったわけではありませんでした。

父親の暴力、借金、両親の離婚

父親は金遣いが荒く、ギャンブルやゴルフなどにかなりお金をつぎ込んでいたそうです。もちろん生活費は入れず。それどころか多額の借金を抱えていました。

お金のことから夫婦喧嘩は絶えず、母親への暴力などもあったようです。そんな時、麻生さんは泣きながら母親をかばっていたと言います。切ないですね。

子供たちの懇願もあり、両親は離婚。しかし、離婚の前に母親は借金を返したというのがまたすごいです。

借金返済と生活のため、母は必死に働かなければなりませんでした。幼い麻生さんは「行かないで」とドアにしがみつき泣いたこともあったそうです。そんな子供たちを強くするため、母のしつけはスパルタでした。

悪いことをしたらお灸を据える。やりすぎて火傷をしたそうです。真っ暗な中、木に縛り付ける・・・今なら虐待と言われかねないですが、お母さんも必死だったんでしょうね。

スポンサードリンク

ザリガニを食べた貧乏生活

働き詰めの母でしたが、それでも生活は厳しかったそうです。

洋服を買うお金がないので、いつも同じ洋服を着たり、体操服で学校へ行ったり。そのことでイジメられたこともあったと言います。残酷ですね、子供は。

この笑顔の裏にそんな体験があったとは・・・

20150109-104

そんな麻生さんの楽しみは、弟と行くザリガニ釣り。田舎の子供らしくて微笑ましいと思いましたが、そんなエピソードではありません。

釣ったザリガニは鍋で茹でて “おやつ代わり”として食べていたというのです!!エビのような味がして美味しいんだとか!!これは凄すぎる。

風間トオルさんも草を食べていたと言いますが、それももちろん経験しています。事務所的にNGかもしれませんが、貧乏芸能人ランキングでは上位にランクインすること間違いなしです。

夫・伊賀大介との結婚

2007年12月、スタイリストの伊賀 大介(いが だいすけ)さんと結婚しました。

20150109-105

2人の出会いは、麻生さんの写真集『いろいろないろ』の撮影でした。一緒に仕事をしたことで意気投合し、交際に発展。4年間の交際期間を経て結婚しました。

2012年5月に女の子を出産しています。結婚から5年半。

結婚や子供を持つまで、とてもじっくり時間を持っているということがわかります。ご両親のこともあり、結婚にもネガティブなイメージを持っていたかもしれませんが、時間をかけて愛を育んできたところが好感持てますね。

お料理もかなり上手なんだそうですよ。この雰囲気でお料理上手とか、無敵ですね。

子供の頃からたくさんの辛い想いをしてきた麻生さんは、その人生を振り返ってこう語っています。

「思い通りにならないことが色々あったから、その分、夢があった」

苦境があったからこそ、そこを乗り越えた先に夢を抱いた。立ち止まらずに腐らずに、歩みのその向こうに夢を持った麻生さんが、すごく強くて本当に素敵だと思いました。

スポンサードリンク

 - エンタメ, 女性俳優