ムロツヨシの悲しい生い立ちが結婚に影響!? 学歴がすごい!本名は?

      2016/04/14    エンタメ, 男性俳優

ドラマ「ウロボロス〜この愛こそ、正義。」に深町武役で出演している、個性派俳優のムロツヨシさん。

明るい性格で、小栗旬さん・山田孝之さん・綾野剛さん・小泉孝太郎さんなど交友関係も華々しいムロさんですが、幼少期は両親と離ればなれに生活するなど、たくさんの悲しみも経験しています。

そんなムロツヨシさんについて調べてみました。

スポンサードリンク

ムロツヨシのプロフィール

20150106-001
生年月日:1976年1月23日(38歳)
出身地:神奈川県
兄弟:姉
血液型:A型
学歴:神奈川県立鶴見高等学校卒業、東京理科大学中退

本名は非公表なんですが「本名の画数が多い(漢字が難しい)ので覚えてもらうために“ムロツヨシ”にした」と本人が語っていたので、読みはそのままなのかもしれません。

中国語訳されているときは “室毅”。画数が多いツヨシだとこんな感じでしょうか。

役者としての活動を始めたときから “ムロツヨシ” として活動しているムロさんですが、ほどなくして “スガシカオ” さんが有名になり「かぶった!!」と思ったそうです。

大学を中退して芝居の道へ

ムロさんは神奈川県立鶴見高等学校を卒業しています。偏差値57の進学校で、一年間の浪人生活を経て、東京理科大学へ入学しました。頭いいですね!偏差値は60以上です。

しかし、入学してみると志をもつ同級生に比べて、ただ『偏差値の高い大学』という想いだけの自分に気づき「自分のやりたいことは何か」と模索し始めたと言います。

普通はそれを探しながら大学に通うものですが、ムロさんは以来学校に行かなくなったんだとか・・・入学して3週間のことでした。もったいない・・・

そうやって見つけたのが “役者” の道。中学生の頃から憧れていた深津絵里さんの舞台を観に行き、共演していた段田安則さんに刺激を受けて、直感で「役者になりたい!」と思ったそうです。

20150106-002

ほどなくして、大学を中退しました。が、俳優になるにはどうして良いかも分からず、とりあえずお金のかからない俳優養成所に入りました。

養成所を卒業後は事務所にも所属できず、小劇場のオーディションなどをいくつも受けながら、フリーで活動を続けていたそうです。

監督への過剰な売り込み

当時は、なんとなく自信があって待っていれば仕事は来ると思っていたそうですが、現実はそんなに甘くなかったと言います。

あるとき小劇場の飲み会で、『踊る大走査線』などを手がけた本広克行(もとひろ かつゆき)監督に出会いました。このときムロさんは、監督の名前も顔も知りませんでしたが『踊る』の監督と聞いて名前を売り込みに・・・

監督の横に座ったムロさん。名刺を手渡しただけでなく、とにかく名前を覚えてもらおうと、すべての会話の中に “ムロツヨシ”というワードを入れこみました(笑)

「ムロツヨシはこう考えますね」「いやいや、ムロツヨシはそう思いませんよ」しまいには「しつこいな」とあきれられますが、「またまた〜ムロツヨシそんなことないですよ〜」とかぶせていきました。

しかしその甲斐あって、それから後に、監督の作品に出演することになったのです!ムロツヨシすごい!

20150106-003

でもこういったことも、ムロさんの明るくて、人に愛されるキャラクターであればこそだと思います。そのしつこさもイヤミじゃないというのが、この人の最大の持ち味ですよね。

しかしこの明るさからは想像もつかない悲しい幼少期がありました。

スポンサードリンク

両親の離婚、父母と離ればなれの生活

3歳のときに両親が離婚し、母親は家を出て行きました。父は別の女性の元へ。残された姉とムロさんは、父方の親戚(叔母)や祖父母に預けられました。

親のいない生活が続きましたが、なんと中学生の時に父親が、新しい母と異母兄弟と連れて戻ってきました。「ある日突然、お母さんと兄弟ができた!」と笑いながら話すムロさん。

20150106-004

驚くべきことに、ムロさんと祖父母が暮らしていたアパートの隣室に、父親とその新しい家族が生活を始めました。ムロさんは相変わらず祖父母の元。どういった心理状態だったんでしょうか。

反抗期を迎えた姉を見て、これ以上、祖父母に負担をかけられないとムロさん自身の反抗期はなかったと言います。

そういった時代に親しくしていた親友とは今でも交流があり、ムロさんの俳優になる夢をずっと応援し続けてくれたそうです。

ムロさんは「あんな家庭に育ったからそういう友達もできた。面白い家だなぁと客観的に見られる自分もいる」とその想いを話していました。

そこまで達観するに至るまでは、様々な葛藤があったろうと思いますが、現在のムロさんは明るくて誰からも愛される人となったことがすごいです。

結婚には家庭環境が影響?

ムロさんは独身です。もちろん過去には恋愛もしていますが、結婚には至らなかったそう。

かつての彼女には「ツヨシ君のお母さんじゃないから」と言われたそうです。母親の愛情を知らずに育ったムロさんは、女性に母親像を重ねてしまうのかもしれませんね。

結婚に関しても、そういった幼少期の経験が影響していると本人も語っていました。

たくさんの悲しい想いも重ねて来たムロさんですが、その経験ゆえの優しさと明るさで、これからますますの活躍を期待しています。

スポンサードリンク

 - エンタメ, 男性俳優