玉木宏かわいい子供時代!二世帯豪邸に美人の母親と妹が!母子家庭なの?

      2016/04/14    エンタメ, 男性俳優

ドラマ『残念な夫。』で現代劇で初の父親役を演じる玉木宏(たまき ひろし)さん。“イケメン”という言葉だけでは形容しがたいほど整った顔立ちですよね。

こんな玉木さんにもオーディションに落ちまくって仕事もなく、バイトを掛け持ちした長い下積み時代があったそうです!

また都内に建てた2億円の豪邸で一緒に暮らす、母親や妹さんのことも気になりますね。

スポンサードリンク

玉木宏のプロフィール

20141223-001
本名:玉木 宏(たまき ひろし)
生年月日:1980年1月14日(34歳)
出身地:愛知県名古屋市
兄弟:妹
身長:180㎝
血液型:A型
学歴:名古屋市立富田高等学校卒業

愛知県名古屋市に生まれた玉木さんは、妹がいる2人兄弟の長男です。小さいときの画像を見てビックリですよ!

20141225-002

ま〜かわいい!! “小さい頃に不細工なほうが大きくなって美人になる”とかあれウソですよね。イケメンは昔からイケメンだわ。

6歳から水泳を始め、小学校4年生のときには名古屋市で2位の成績を成績を収めるほど!

玉木さんといえば細マッチョでも有名です。しっかりとした肩幅はこの水泳経験が生かされているのかもしれませんね。

芸能界に入ったきっかけ

中学3年生のときにドラマ『若者のすべて』に夢中になり、大きな刺激を受けたと言う玉木さんは「自分も人に影響を与えられるような仕事につきたい」と俳優に憧れを抱くようになりました。

当時の若者にかなりの影響力を与えたこのドラマ。萩原直人さん主演で、脇を固めるのは木村拓哉さんに深津絵里さんなど豪華な共演陣。

6人の若者たちが人生に苦悩しながらも歩んでいくという青春ストーリー。ミスチルの主題歌がまたいいんだ。

中学生でこのドラマに感化されるとは、玉木さん自身がのほほんと少年時代を過ごしていなかったことを思わせます。

しかし芸能界を目指しオーディションを受けるもこのときは不合格でした。

そんな玉木さんは高校2年生の16歳のとき、地元名古屋の地下鉄栄駅にあるサカエチカを歩いていたところ、現在の事務所の社長にスカウトされました。

20141225-004

やっぱり見る人が見ればわかるんですね。名古屋に拠点をおく小さな事務所でしたが、芸能界を目指していた玉木さんはここから芸能界入りを果たし、高校卒業と同時に上京しました。

バイト掛けもち、貧乏な下積み時代

玉木さんほどの容姿を持ってしても、芸能界というのは楽ではないようです。

俳優としての仕事を得るべく、いくつものオーディションを受けますが全て不合格。生計を立てるため、ゴルフ練習場のレストランのウェイター、深夜のコンビニ、引っ越し屋など昼夜のアルバイトを3つ掛け持ちしていたそうです。

バイト先のゴルフ練習場は、明石家さんまさん、反町隆史&松嶋菜々子夫妻、舘ひろしさん、タモリさんなどそうそうたる方々が来店する芸能人御用達。VIPな方々の前に立つにはアルバイトにもそれなりのビジュアルが求められるんでしょうね。

そんな生活は3年も続きます。水道を止められたこともあるそうで、20歳の頃にはもう俳優を諦めようかと思ったそうです。しかしついに21歳のとき、映画『ウォーターボーイズ』の佐藤勝正役をオーディションで勝ち取り、これが俳優として躍進する大きな一歩となりました。

20141225-003

このアフロの男の子が玉木さんです。

“水泳が出来る人”という条件の元、オーディションに挑んだ玉木さん。合格枠は5人。三次審査で4人が決まり、残る1枠を目指し4次審査、5次審査を経ての合格。

以来、徐々に仕事も増え始め、4年半のアルバイト生活に終止符を打つことになりました。玉木さんほどの人にもこれだけの下積み時代があるとは驚きですよね。

『A-Studio』司会の鶴瓶さんも「誰や落としたのは!そいつ連れてこい!」と驚いていました。

スポンサードリンク

厳しい母親、妹は病気?

玉木さんは2012年頃、都内に推定2億円と言われる豪邸を建て、地元の名古屋から母親と妹を呼び寄せて同居しているそうです。二世帯住居として建てた自宅だそうで、将来的にも一緒に暮らして行くつもりなんでしょうね。

『A-Studio』では、玉木さんの母親に会った鶴瓶さんが “美人で清楚な女性” だと言っていました。母親似なんですかね。

そんな母は、子供の頃はかなり厳しかったようです。

玉木さんは小さなウソをよくつく子供だったといいます。スイミングスクールに行かず遊んでいた時期、近くの公園で髪や水着を濡らすほどの手の込みよう。

しかしそれが母親にバレ、有無を言わさず、髪をつかみ膝蹴りし、引きずり回したんだとか!

それを聞いた鶴瓶さんが「えぇ〜あの人がそんなことすんの!?されてみたい!!」と言うほどなので、相当綺麗なんだろうなと思います(笑)

妹さんは玉木さんより6歳下だと言われていますので、28歳でしょうか。玉木さんが過去のインタビューで「妹が体が弱く入退院を繰り返していた」と子供の頃のエピソードを語ったことから、心臓病や障害者との憶測も飛んでいます。

この妹や母親の世話をするために、東京に呼び寄せたという話しもあり、また玉木さんの結婚が破談になった理由もそこにあるのではとも言われています。

父親は?

ところで、父親の姿が見えませんが、母子家庭なんでしょうか?

子供の頃のクリスマスの想い出を語る玉木さん、

僕はクリスマスに家族で過ごしたことがほとんどなかったのですが、小学4年生のとき、地元にファストフードのお店が初めてできたんです。その年のクリスマスに自分で一つ210円のチキンを買って家族にプレゼントしたことがあります。毎月のお小遣いが500円だったので、それを貯めて家族4人分を買いました。

“家族4人”・・・両親と妹と自分ですよね。小さい頃には、単身赴任で別々に暮らしていたそうですが、この時点では父親はいたようですね。

しかし、『A-Studio』のときは鶴瓶さんが母親のことを「女手一つで育ててきた」と紹介します。また、妹さんに対しては「(玉木さんが)父親代わりをしてきた」という話しもあり・・・

それに対して、特に否定もありませんでしたので、その後ご両親が離婚されたのかもしれません。

クリスマスに家族と過ごしたことがほとんどなかった小学生の男の子が、自分のお小遣いを貯めて家族にチキンをプレゼントするって、泣ける・・・

今でも人への気遣いがとても細やかな玉木さんですから、子供の頃から優しい性格だったんでしょうね。あ、でも子供の頃は“リアルジャイアン”だったという話しもありました。小学校4年生のときに友達に無視されて改心したそうです。

というか、“小学校4年生”のエピソード多いな。いろいろ中身の濃い一年だったのかもしれません。

なんだか長くなってしまいました。まだまだ玉木さんネタありますので、改めて書きますね。

スポンサードリンク

 - エンタメ, 男性俳優