加藤悠はゴミ屋敷に住むメガネ美女!女子プロレスラーで母は11PM出身!

       エンタメ

『あのニュースで得する人損する人』のゴミ屋敷スペシャルにまたまた新たなアイドルが登場します。女子プロレスラーでグラビアアイドルの加藤悠(かとう はるか)さん。

以前の放送では、アイドル河合風花さんがゴミ屋敷に住む“ゴミドル”として紹介され、その汚部屋っぷりに驚愕しましたが、今回はどんな汚部屋なんでしょうか・・・

関連記事=>河合風花はゴミ屋敷に住む『ゴミドル』!不審者の出現で引越すも汚部屋化!?

スポンサードリンク

加藤悠のプロフィール

20141218-001
本名:加藤 悠(かとう はるか)
生年月日:1989年2月5日(25歳)
出身地:神奈川県横浜市
兄弟:親の再婚により義理の兄弟
身長:154㎝
血液型:AB型
趣味:プロレス観戦、食べ歩き、ゲーム
特技:エアープロレス
学歴:横浜英和女学院卒業

横浜出身の加藤さんは、小・中・高一貫の女子校ですごしました。高校生のときからアイドルを目指し、大学入学とともに上京。

大学在学時にスカウトされ芸能事務所に入り、最初は芸人のマネージャーとしてアルバイトをしていました。スカウトされてマネージャーってこともあるんですね。

卒業後も内定をもらった先へは就職はせず、アイドルの夢を貫きます。グラビアアイドルとしてデビューするも、仕事もなくバイト生活を送っていたそうです。

そんなアイドル志望の彼女がなぜプロレスラーに?

きっかけは、プロレスや格闘技などの話題を扱うウェブサイト「バトル・ニュース」のコラムの仕事でした。

元々1人でプロレスやキックボクシングを観に行くほどの格闘技好き。コラムを読んだ女子プロレスラーの風香さんがスカウトし、プロレスラーとしての道が始まりました。

メガネ女子になった理由

2011年11月にプロテストに合格し、女子プロレス団体『スターダム』に所属。2011年12月に"はるか悠梨(はるか ゆうり)"というリングネームで女子プロレスラーとしてデビューを果たしました。

20141218-002

アイドルレスラーとはいえ、やはりプロレスラー。試合や練習で、靱帯損傷や骨折などもありましたが、試合は休みたくないと頑張って出ていたようです。根性あるんですね。

しかし、2012年の9月。練習中に目を殴られ、1ヶ月近くたっても目が開かないほどの大ケガ。眼下底骨折で目の周りが陥没し、目玉が出ているような状態に(゚Д゚;)

プロレスラーとはいえ、かなりショックですよね・・・しかもアイドルを目指していた彼女が人前に出られない容姿になるのは致命的。以来、そのコンプレックスを隠すために着けるようになったのがメガネでした。

殴られた恐怖がフラッシュバックし、これをきっかけに引退することになりました。

・・・が、今年1月に、リングネームを本名の「加藤悠」に変更し、本格復帰したそうです!すごいわ。

スポンサードリンク

母は歌手でタレントの清水節子

そもそも彼女がアイドルを目指したきっかけは母親にありました。彼女の母は清水節子(しみず せつこ)さん。かつて『11PM(イレブン・ピーエム)』という深夜番組でお色気レポーターをしていたそうです。

20141218-006

私も番組名ぐらいは聞いたことありますが、実際見たことないので分かりませんが、“お色気番組の元祖”みたいな感じだそうです。その世代の方々には「懐かしい!」って感じでしょうか。

そんな番組の特色から異質な目で見られることもあり、娘である加藤さんが誕生してからは芸能界のお仕事をお休みしていたそうですが、子育てが一段落した2008年頃からは歌手として活動を再開しました。

ゴミ部屋がすごい!

番組の予告動画で紹介されていた加藤さんの汚部屋です。

20141218-003

わ〜ぐっちゃぐちゃ・・・とはいえ、まぁこれぐらいならよくある汚部屋なのかもしれませんが、加藤さんの生活がすごいんです!!

お風呂でうどんを食べ・・・
20141218-004

その食器をお風呂で洗う・・・
20141218-005

き、き、きったなぁぁぁΣ( ̄ロ ̄lll)

食器が汚いのか!? はたまた風呂の湯が汚いのか!? いやいや、どっちもどっちだわ。うわ、さすがにこれは無い!

前回の河合風花さんの場合は、部屋のレイアウトを改善することで“床に物を置く”習慣を改善させましたが、この習慣はもうその域を脱しているような・・・さて、今回はどんな解決策が提案されるのでしょうか。

スポンサードリンク

 - エンタメ