佐々木蔵之介が家業を継ぐため酒造家を志した学歴がすごい。結婚や過去の熱愛は?

      2016/04/14    エンタメ, 男性俳優

数々のアラフォー男性俳優の結婚報道を受けて『最後の砦』と言われている佐々木蔵之介(ささき くらのすけ)さん。いいですよね、佐々木さん。

穏やかな笑顔で、安定感のある大人の包容力を感じさせます。トーク番組で見せる関西弁もまたいいんですよね。年齢的にはいつ結婚の話しが出てもおかしくないですが、まだ聞きたくない(´Д`)

スポンサードリンク

佐々木蔵之介のプロフィール

20141124-001
本名:佐々木 秀明(ささき ひであき)
生年月日:1968年2月4日(46歳)
出身地:京都府京都市
兄弟:兄(1つ上)、弟(2つ下)
身長:182㎝
血液型:O型
学歴:ノートルダム学院小学校、京都市立二条中学校、洛南高等学校、東京農業大学中退、神戸大学農学部卒業

佐々木さんのご実家が、130年続く京都にある老舗の造り酒屋『佐々木酒造』であるということは有名な話ですよね。

お酒もかなり強く、舞台稽古の終わりによく訪れるという『博多どかどか団』を番組で紹介し、1時間ほどで一升瓶を空けていました!すごい!

男3人兄弟の次男として育った佐々木さん、兄は「形が残らない」お酒造りは嫌だと建築家の道へ。佐々木さんは、高校生の頃から後継を意識し始めたそうです。

20141125-003

その学歴を見れば明らかなのですが、佐々木さんは頭脳も明晰なようです。お受験で私立ノートルダム学院小学校に入学したことから始まり、公立中学を経て入学した洛南高等学校は偏差値73という超進学校。

そこから一浪して東京農業大学に入学するも中退し、その翌年に神戸大学に入学しバイオテクノロジーや酒米の研究をしていました。卒業後は博報堂の傘下である、大手の広告代理店『大広』に入社します。

大学での専攻は酒造りのため、また就職先は商品の販売戦略の手法を学ぶためとまさに家業を継ぐために経験を積んでいたものでした。ご両親も安心していたでしょうね。

しかし26歳のときに、勤めていた会社を辞めて芝居の道へと進むことになりました。

ますだおかだの増田との関係

神戸大学在学中、佐々木さんは劇団「惑星ピスタチオ」の旗揚げに参加し、演劇活動を始めました。芝居に興味があったわけではなく「楽しそう、大学生っぽい」という理由で。しかしすぐにお芝居の魅力に取り憑かれてしまいました。

ただ自分にはあくまで家業を継ぐという本分があり、就職しても活動は続けていましたがそれは趣味の一環として。二足のわらじ生活を2年半、そして転機が訪れます。

東京の演劇劇団『キャラメルボックス』の公演にキャストとして声がかかりました。稽古1ヶ月、本番2ヶ月のスケジュール。サラリーマンとの兼業では難しい、仕事を辞めて、東京に行かなければいけない。佐々木さんは悩みました。

実は、芸人のますだおかだの増田英彦さんとは会社の同期だったそうです。増田さんは芸人を目指すため入社9ヶ月で既に会社を辞めていました。

20141125-004

当時、数々の新人賞を受賞していた増田さんに電話をしました。「芸能界どうよ?」と聞く佐々木さんに、芸能界に入りたいのかなと察した増田さんは「(芸能界に)来たらええやん。やりたいことをやったらええやん」と後押ししたと言います。

スポンサードリンク

実家の酒蔵を継がないと決めた

仕事を辞め、芝居を続けたいと両親や兄弟に報告した佐々木さん。もちろん父親も母親も反対しました。しかし兄と弟は「1回やってみればいいんじゃないか」とフォローしてくれたそうです。

30歳で上京し、31歳でドラマ『天国に一番近い男』に初出演。その1年半後にNHKの朝ドラ『オードリー』に出演したことで一気に知名度が上がりました。

佐々木酒造では、ドラマにちなんで『オードリー』という銘柄の日本酒も販売され、これがなんと始まって以来のヒット商品!これに気を良くした父親も佐々木さんの俳優業を認めるようになったそうです。

日野トラックのCMでは、実家を舞台にお父さんとの共演もありましたよね。

20141125-002

このとき、お父さんも素人とは思えない素晴らしいセリフ回しでビックリしました。スポーツ選手がCMに出たときのあのセリフの違和感、あぁいうのが全くなくて、いや、さすがだなと思ったものです。

家業は、弟の晃(あきら)さんが後を継がれました。「蔵を離れてもいつも気に掛けてくれる2人の兄とは一緒に蔵を守っていると感じています」と語っていました。

過去の熱愛や結婚は?

過去には天海祐希さんや小野真弓さん、比嘉愛未(ひが まなみ)さんとの熱愛が報じられたこともありますよね。

20141125-005

天海さんとはドラマ『離婚弁護士』シリーズ、小野さんとは『恋のから騒ぎ』のドラマスペシャル、比嘉さんは『ハンチョウ』で共演していました。どのドラマも見ていましたが、小野さんのは強烈。佐々木さんの膝に水着姿の小野さんが座るとか・・・ギャーΣ( ̄ロ ̄lll)

結婚はどうなんですかね。「出来るものならしたい」と結婚願望を語ってはいましたが。30歳で上京して俳優としてのスタートが遅かったことで、佐々木さんには「出遅れ感」があるそうです。だから遅れた分の仕事をしなければ!という想いがあるようですね。

兄弟たちは結婚して、血の繋がりのある甥や姪のかわいさに、子供を持ちたいという気持ちもあるようですが、結婚はどうなんでしょうか。恋愛に関しては「第一印象が大きい」という佐々木さん、出来ることなら天海さんのような落ちついた大人の女性をお相手に選んで欲しいものです。いやいや、これは個人的な願望ですが。

スポンサードリンク

 - エンタメ, 男性俳優