吉瀬美智子が美人すぎ!独身?ブログに結婚写真や子供の料理が!夫は誰?

      2016/04/14    エンタメ, 女性俳優

ドラマ『Dr.倫太郎』で堺雅人さん演じる主人公・日野倫太郎に想いを寄せる外科医・水島百合子(みずしま ゆりこ)を演じる吉瀬美智子(きちせみちこ)さんです。

美しすぎるー!雰囲気や話し方も、これぞ大人の女性という感じで、同性のぱんだこもうっとりです。

しかも結婚して一児の母とは!美しすぎる!

スポンサードリンク

吉瀬美智子のプロフィール

20150311-001
生年月日:1975年2月17日(40歳)
出身地:福岡県朝倉市
身長:167cm
血液型:A型
兄弟:姉(2歳上)
学歴:杷木(はき)小学校、杷木中学校、朝羽高等学校卒業

吉瀬さんは2人姉妹の次女として福岡県に生まれました。

おー福岡県ですか。松田聖子さんから始まり、浜崎あゆみさんや山本美月さん、平愛梨さん、橋本環奈さんなど美人が多い県ですね。
関連記事=>山本美月・明治大学出身の才女はアニオタでコスプレ好き!結婚を考えた人って!?

20150317-002

かわいいですね〜!
1歳ぐらいかな?赤ちゃんにも関わらず、美人の風格が漂っている…

お姉さんは「ゆみ」さんという名前で、吉瀬さんは「ゆんこ」と呼んでいます。お姉さんも福岡から上京し、東京で建築デザインの仕事をしているそうです。

20150317-003

住んでいる場所も近く、よく行き来する仲良し姉妹だそうで、いいですね〜

ヤンキーだった高校時代

美人で清楚な吉瀬さんですが、実は高校時代は超ヤンキーだったようです!

20150317-004

こ、これは…本気のやつや…

ぱんだこも同世代なので分かりますが、当時は今みたいにミニスカートの高校生はいませんでした。ぱんだこも膝丈で没収されたなぁ。膝下10cmが当たり前なんでね。

そんな時代に吉瀬さんはミニスカートに茶髪のワンレンという出で立ちで登校。

これはヤンキーや、本物のヤンキーやぁ(゚Д゚;)

そんなグレた背景には、幼い頃の母親との別離があったようです。

母との確執、生い立ち

吉瀬さんが自身の半生について書いたエッセイ『幸転力』には、そんな幼い頃のことも書かれていました。

母親が家を出たのは、吉瀬さんが小学校1年生のときでした。

私には、小さいころ、母と一緒にいた記憶があまりありません。私が小学校のころ、両親が別居し、家にいなかったからです。

私は幼いなりに、「お母さんは私を置いて行った」「私が悪いことをしたからお母さんはいなくなったの?」自分のせいかもしれないと考えて、悲しい思いをした。

その後、中学生になる前に母親は家に戻りましたが、母親のいない6年間が幼い吉瀬さんにとってかなり辛いものだったということは想像に難くありません。

母親への反抗心から中学ごろからグレはじめ、自宅にもあまり帰らず、友達の家で過ごすことも多かったと言います。

20150317-005

写真で見るとまだあどけない中学生に見えますが、その心は荒れていたんでしょうね。

やはり幼い頃に親に愛された記憶というのは、心の安定にもつながります。その辺りが欠落した幼少期を過ごした子供が、グレてしまうのも仕方ないかもしれません。

スポンサードリンク

芸能界に入ったきっかけ

本気ヤンキーだった吉瀬さんは、高校卒業後は大学へは進まずアルバイト生活をはじめました。

吉瀬さんが生まれ育ったところはかなり田舎だったそうで、町の喫茶店でバイトして、それから福岡市内の喫茶店でバイトして…って喫茶店ばっかりですけど。

どうやら、そのアルバイト中にスカウトされたことが芸能界入りのきっかけとなりました。

まずは福岡のモデル事務所に登録し、それから4ヶ月後には東京進出!ってすごいスピードですね!やっぱり群を抜いてたんでしょうね。

20150317-006

18歳ごろの吉瀬さん。なんというか、綺麗だけどかなり個性的です。

モデルから女優へ

20歳で状況したあとは、ファッション誌の専属モデルはCMに出演し、2003年に情報番組『噂の!東京マガジン』にて5代目アシスタントを務めたのがテレビデビューとなりました。

20150317-007

当時27歳。もう今の吉瀬さんが出来上がってますね。ってか、今とあんまり変わらないっていうのがまたすごい。

30歳でモデル業をきっぱりとやめて女優に転身。

ドラマデビューは32歳のときの『ライアーゲーム』でした。デビュー作にしてすでに貫禄ありましたよね。

年齢的には遅い女優デビューとなりましたが、あれよあれよと主役級の女優に成長し、今日の活躍となったのがさすがという感じですね。

結婚相手はどんな人?

2010年12月、35歳のときに10歳年上の男性と結婚しました。

ウェディングドレス姿の写真が吉瀬さんのブログで公開されていました!素敵!!

20150317-008

こんな美人を射止めた男性というのはどういう人なんでしょうか?

旦那さんは飲食店をはじめ建設会社など複数の会社を経営している実業家。なんと年商20億円という噂も!

一般の男性ということで名前などは明らかにされていませんが、『株式会社マリフィック』の創業者田中健彦(たなかたけひこ)さんではないかと言われています。

マリフィックは、ラーメンチェーン『光麺(こうめん)』を関東中心に全国に展開しており、現在はこちらの義業務を後任に引き継ぎ、田中さん自身は日本や海外で美容室や寿司屋など様々な業務を展開しているそうです。

「やっぱり吉瀬さんぐらいの女優さんになるとお金持ちと出会うのね」と思いましたが、2人の出会いはまだ吉瀬さんが女優になる前のこと。モデル時代に知り合ったそうです。

モデルから女優に転身するときも支えてくれ、吉瀬さん自身「女優としての自信がつくまで結婚出来ない」としたときもずっと側にいてくれました。

そして5年間の交際を経て結婚

吉瀬さんもブログでお相手の男性をこのように語っています。

モデルから女優へ 転向を考えていた時も含め 5年前に出会い、 気づけば ずっと傍で
支えてくれた大切な人です。 

いつも 笑顔と 大きな心で 温かく 見守ってくれました。

そんな大きな愛が実を結んだんですね。堅実な吉瀬さんらしい結婚ですよね。 

不妊を経て子供を授かる

すぐに子供を望んでいましたが、なかなか授からずはっきりとは言っていませんが、どうやら不妊治療も行っていたようです。

その甲斐あって結婚3年目で赤ちゃんを授かり、38歳で母となりました。

38歳で初産というと高齢出産になりますが、出産への不安もあったようで、そういったことを経ての喜びの出産となりました。

ツイッターでは、娘さんの食事などに気を使う日常を公開しています。

おしゃれですよね。そしてこの多忙の中でちゃんと愛情を込めて作っている吉瀬さんの様子が伺えます。

また確執のあった母親とも、娘さんの誕生で和解しました。妊娠中や出産後は、母親も上京して吉瀬さんの身の回りのことをサポートしてくれたそうです。

そうやって幼い頃の空白を埋めて行ったんでしょう。

今では温泉に行ったりするほど、仲の良い親子関係になったそうで、これもまた娘さんが運んできてくれた幸せですね。

いつまでも美しい吉瀬さん、これからも輝き続けることでしょう!

スポンサードリンク

 - エンタメ, 女性俳優