安西ひろこの子役時代がかわいい!壮絶な闘病生活から復帰し再ブレイクか?

      2016/05/02    エンタメ, タレント

今年7月に放送された『解決!ナイナイアンサー2時間SP』に登場し、長期休業の理由であったパニック障害を明かし、復帰を宣言した安西ひろこ(あんざい ひろこ)さん。

10年以上のブランクを経て現在35歳。復帰っていっても需要あるのかなと心配したのもつかの間、早速いろんな番組に引っ張りだこになってますね。さすが安西さんです。

スポンサードリンク

安西ひろこのプロフィール

20141021-001
生年月日:1979年2月9日
出身地:神奈川県相模原市
兄弟:姉
身長:157cm
血液型:A型
特技:柔道(初段)、水泳
学歴:北豊島高等学校(通信制)卒業

1996年にグラビアで芸能界デビューした安西さんですが、実は小学生のときから子役として劇団に所属していました。

学校帰り、ランドセルを背負いながらたくさんのオーディションを受けに行っていたそうです。当時は母親が反対していて、他の参加者が親と来ている中、安西さんはいつも1人。

小学生なのに根性あるというか、芸能人になりたいという想いは本当に強かったんですね。

オーディション番組『ASAYAN』で行われた “三井のリハウスガール” のオーディションにも参加していました。

残念ながら選ばれることはなかったのですが、番組のMCをしていたナイナイの岡村さんとのちに共演したときに当時の安西さんのことを覚えていたそうです! 安西さんも「本当に嬉しかった」と言っています。これは嬉しいですよね。

子役時代とリハウスのオーディション時代の画像がこちら。

20141021-002

当時は、カメラの前で笑顔を作ることもよくわからなかったそうで、なるほど初々しい写真ですね。

ちなみにASAYANのリハウスガールオーディションでは、1997年に女優の池脇千鶴さんが選ばれています。安西さんが受けた回と同じかはわかりませんでした。

パニック障害を発症

2001年の藤原紀香さん主演のドラマ『スタアの恋』の撮影現場で突然倒れ、パニック障害が発覚しました。

当時の安西さんは人気絶頂で、朝は4時、5時に起床して深夜2時、3時まで仕事をするような毎日だったそうです。

ドクターストップにより芸能活動を休止して実家に戻り、休養生活に入ります。当初は発作がないときは普通に生活もできていましたが、症状はどんどん重くなります。

床がゼリー状に見えるなど平衡感覚がなくなり、立っての移動は困難に。お風呂やトイレに行くことも出来ず、排泄物を垂れ流し、部屋から一歩も出られなくなりました。「いいじゃん、もう、死んじゃいな」という幻聴も聞こえてきたと言います。

▼2001年ごろ

20141021-003

そんな生活を支えたのは母でした。幼い頃から父親とは別居状態にあり、女でひとつで安西さんと姉を育ててきたというお母さん。愛する娘のこととはいえ、働きながらお世話は肉体的にも精神的にも本当に大変なものだったでしょう。

そんな母の支えもあり、2年後の2003年には「外に出る練習」をするほどまでには回復したようです。とはいえ、辛くなり休むなどを繰り返し、5分で着くような場所に1時間以上もかかるような状態だったそうです。

数年かけて、電車に乗ることも克服し、2008年にモデルとして復帰しますが、また症状が重くなり、1年たたずして再び芸能活動を休止ということになってしまいます。

スポンサードリンク

川畑さんとの恋愛は

病気の原因のひとつとして『結婚を考えていた恋人との破局』があげられています。

安西さんが初めてパニック障害による発作で倒れたころ、CHEMISTRY川畑要さんとの交際が発覚しました。人気絶頂でのスキャンダルということでいろいろ問題もあったのかもしれませんが、川畑さんの存在は大きな支えだったと思います。

20141021-004

また交際発覚から数年後には、川畑さんが安西さんの実家近くにマンションを購入し引っ越したといわれています。マンションで2人が家庭菜園を楽しむ姿などが目撃され、同棲中と報じられていました。ですが、この頃の安西さんの状態だと同棲は難しいんじゃないかと思いますよね。

そして破局が報じられたのが2007年。病気の原因とされるならば、この頃からですよね。

発症してから6年間は川畑さんの支えというものが少なからずあったと思います。安西さんが明かした症状からしても、恋人としてこの状態を支えるのは精神的にもかなり苦痛があったのではないでしょうか。

ただ、安西さんと別れた翌年に別の女性と結婚、子供も生まれるとなると、この頃の安西さんの心痛は非常に大きかっただろうと想像できます。

安西ひろこは性格悪い?

安西さんは性格が悪いとかいう噂がありますが、どうなんでしょうか。

2011年、地元の相模原北警察署で一日署長を務めました。この警察署では、地元在住のタレントやスポーツ選手にお願いするそうなのですが、交通費程度しかギャラを支払えないので苦戦するそうです。

「安西さんはこちらの趣旨に賛同してくれ、快く応じてくれました。あまりにも申し訳なく、有志からカンパを受け、ミニチュアの制帽をプレゼントしたんですが、とても喜んでくれました。ビラ配りにも積極的で、幼稚園児の一日署長さんと笑顔で接する姿は好評でしたよ」

パレードには500人近くが集まるほどの人気ぶりだったそうです。

これだけじゃわからないですが、性格悪い感じしませんね。復帰してすぐにいろんな番組に呼ばれるということは、かつてのネームバリューもあるんでしょうが、やはり過去に彼女が積み上げたものではないかと思います。

今は病状が治まったとはいえ、心の病気はいつまたぶり返すかわかりません。今度はお仕事も調整しながら頑張って欲しいですね。

スポンサードリンク

 - エンタメ, タレント